• ジュエリー生産ワークフロー用に最適化

    ジュエリー鋳造パターン

    3D プリントによる高精度なジュエリー鋳造パターンは、複雑で非常に細かいフィーチャーを含むパーツの製造を可能にします。Figure 4 Jewelry は、優れた鋳造品質を実現するとともに、鋳造用のパターンを数時間で製作できるため、カスタムメイドパーツの製造や短期生産にも対応できます。Figure 4 JCAST-GRN 10 は、最適化された鋳造材料で、バーンアウト後の灰と残留物を最小限に抑え、鋳造を簡易化します。

    モールドのマスターパターン

    アクセサリーやコスチュームジュエリーなどの大量のジュエリー鋳造ワークフローで使用される、RTV/シリコンモールドのマスターパターンを 3D プリンティングで製作できます。Figure 4 JEWEL MASTER GRY 材料は熱変形温度が高いため (300°C)、ジュエリー鋳造生産ワークフローで使用されるモールド作成用のさまざまなシリコンとの互換性が保証されます。

    プロトタイピング/フィット確認モデル 

    ジュエリーデザインの微細な細部をとらえた精密なプロトタイプを作成できるため、フィッティングや試作品に適しているだけでなく、ストーンセッティングの精度も確保できます。Figure 4 JEWEL MASTER GRY 材料は、精巧な表面品質を実現し、生体適合性規格 ISO 10933-5 を満たしているため試作品やフィッティングに適しています。

Figure 4 Jewelry_June 2020_v2

市場投入までの時間を短縮

Figure 4 Jewelry なら、プロトタイピングや鋳造、成形用のプリントを数時間で作成できるため、ジュエリー製造業者は製品化までの時間を短縮できるだけでなく、製品 1 個当たりのコストを抑えつつ、カスタムジュエリーや短期生産といった市場の需要に迅速に対応できます。Figure 4 Jewelry の迅速なデジタルワークフローにより、軽微な変更から大幅な変更まで、あらゆるデザイン変更に対応できます。そのため、非常に短期間で新しいデザインを提供し、比類のない柔軟性を実現できます。

Figure 4 Jewelry 3D printer at an angle
Figure 4 Jewelry printer image from the front
Figure 4 Jewelry 3D printer at an angle
Figure 4 Jewelry printer image from the front

このプリンターの特徴

アプリケーション

Figure 4 ジュエリーソリューションは、ハイエンドのカスタムジュエリー製造、短期生産、プロトタイピング/フィット確認のための設計および生産ワークフロー向けに最適化されています。

ダイレクト鋳造向けジュエリーパターン

3D プリントによる高精度なジュエリー鋳造パターンは、複雑で非常に細かいフィーチャーを含むパーツの製造を可能にします。Figure 4 Jewelry は、優れた鋳造品質を実現するとともに、鋳造用のパターンを数時間で製作できるため、カスタムメイドパーツの製造や短期生産にも対応できます。

モールドのマスターパターン

アクセサリーやコスチュームジュエリーなどの大量のジュエリー鋳造ワークフローで使用される、RTV/シリコンモールドのマスターパターンを 3D プリンティングで製作できます。

ジュエリープロトタイピング/フィット確認

ジュエリーデザインの微細な細部をとらえた精密なプロトタイプを作成できるため、フィッティングや試作品に適しているだけでなく、ストーンセッティングの精度も確保できます。
 

利点
  • 手頃な初期投資
  • 競合の 3D 印刷テクノロジーに匹敵する高スループット
  • クラス最高の表面仕上げと高解像度
  • 応用の柔軟性
  • ハードウェア、材料、ソフトウェアの統合ソリューション
  • プリントと鋳造を同日に
  • 低い総所有コスト
技術仕様
  • 非接触膜 Figure 4 テクノロジー
  • 最大造形サイズ (幅 x 奥行き x 高さ): 124.8 x 70.2 x 196 mm (4.9x 2.8 x 7.7 インチ)
  • ジュエリー向けに最適化された造形スタイルでファイルを作成して製造。業界トップクラスの 3D Sprint ソフトウェア
  • 3D Connect 機能でクラウドに接続して予測的で迅速なサービスを利用可能
  • プロダクショングレードの材料
  • MicroPoint サポート構造
  • コンパクトサイズのプリンター
  • 手動による材料供給
  • 手動による硬化後処理ユニットが別途必要
  • 本プリンター用の材料

    統合生産ソリューションとして、Figure 4 Jewelryは、ジュエリー鋳造パターン、モールドのマスターパターン、プロトタイプ/フィット確認モデルの 3 つのアプリケーション固有のワークフローに対応するように設計されています。Figure 4 ジュエリーの材料について詳しくはこちらをご覧ください。

  • 3D プリントに新しい基準を設定

    同社の3 D Sprint® ソフトウェアには、ジュエリー用に特別に開発された独自のプリントビルドスタイルが含まれています。細くて繊細なジオメトリと厚いジオメトリの両方で、セッティング、シャープなプロング、細かいメッシュなどのディテールで最適化されたジュエリープリントを可能にします。

  • まったく新しい 3D プロダクション管理

    3D Connect Service とは、信頼できるクラウドで 3D Systems サービスチームとつながることのできるサービスです。プロアクティブで予防的なサポートをご提供すると当時に、御社システムのアップタイムを改善し、生産を保証するため、より優れたサービスを提供しています。

  • プラスチックで 3D プリント可能な製品とは?

    プラスチックの 3D プリントでは、エンジニアリンググレードの材料であるエラストマーや複合材など、多くの選択肢があります。必要なのは柔軟性ですか?強度ですか?生体適合性ですか?他には?

  • プラスチック 3D プリントの利点

    プラスチックによる 3D プリントでは、ほぼすべての物を造形できます。プロトタイプ、製造、解剖模型などに使用されます。御社に最適な特性を実現できるプラスチック材料と 3D テクノロジーをお選びください。

3Dプリンターのご購入をお考えですか?

3D Systems から連絡を受け取ることに同意します
3D Systems からのスペシャルオファー、製品の最新情報、イベントニュースの受信を希望されますか?3D Systems または当社のパートナーからのフォローアップを希望される場合は「はい」を選択してください。当社からのご案内の受信は、いつでも解除できます。当社のプライバシーポリシーを表示するにはこちらをクリックしてください。また、設定の管理はこちらをクリックしてください。

このサイトは、reCAPTCHA で保護されています。Google のプライバシーポリシーおよび利用規約 が適用されます。