3D Systems の実績あるメタル積層造形テクノロジーから派生した DMP Factory 500 ソリューションは、低い総運用コスト (TCO) でのメタル 3D プリンティングの均一で再現生のあるパーツ品質と高い生産性を実現するために設計されています。

拡張性のあるファクトリソリューションのモジュール性

  • DMP Factory 500 ソリューションは、利用率を最適化して効率を最大化するように設計された機能固有のモジュールで構成されています。ファクトリーソリューション内の各モジュールは、管理されたプリント環境用に真空シール可能で、連続生産ワークフローのためにプリンタと粉末モジュール間を移動するように設計されたリムーバブルプリントモジュール (RPM) と完全に統合されています。

    プリンタモジュールは、パーツの 24 時間/週 7 日間の継続的なプリンティングのために設計されています。粉末管理モジュール (PMM) は、ビルドプラットフォーム上のパーツから粉末材料を効率的に除去し、未使用の粉末材料を自動的にリサイクルして、次のビルドのために RPM を準備するように設計されています。

    お客様の生産ワークフローのニーズを満たすために必要な最適な数と種類のモジュールで工場の配置を構成します。

  • 工場向けに設計された DMLS によるプロトタイピングからプロダクションへの拡張
  • 均一で再現性のある品質

    生産においては、繰り返し可能なパーツ品質が不可欠です。DMP Factory 500 のRPMは、スケーラブルなメタル積層造形を実現するためのバッチごとに一貫した粉末管理を提供します。最小限の O2 含有量を保証する真空チャンバーを備える DMP Factory 500 プリンタモジュールは、高品質な 3D プリントによるメタルパーツを提供します。何度も再使用するのに十分な、一貫した高い材料品質が真空チャンバーによって保証されるため、粉末の無駄が解消されます。

  • モジュール式 DMLS と高度な 3D プリントソフトウェアによって、エンドツーエンドのメタル製造ソリューションを提供
  • 低パーツコストでのメタル 3D プリント

    3D Systems DMP Factory 500 ソリューションのモジュール設計は、すべてのメタル 3D プリントおよび粉末管理モジュールの連続機能を可能にして、アップタイム、スループットおよび運用価値を最大化します。お客様の生産ワークフローに必要なモジュールの数と種類を一致させる機能は、最小限の手動プロセスで所有および運用コストをさらに削減しつつ、投資を最適化することに役立ちます。

  • 高い生産性

    複数のレーザーによって可能になる大きな造形容積 (500 x 500 x 500 mm)* と高スループットにより、DMP Factory 500 ソリューションはメタル積層造形における高い生産性を実現します。モジュール型設計との組み合わせにより、追加のメタルプリンタおよび粉末モジュールを設置することで生産を簡単に拡大できます。

  • シームレスな大型パーツ

    DMP Factory 500 ソリューションのインテリジェントなレーザー構成および 3DXpert™ によるスキャンテクノロジーによって、最大造形容積のサイズのシームレスな大型パーツの製造が可能になります。これにより、優れた材料特性を持つメタル 3Dプリントパーツで最高の表面品質が得られます。

  • もっと知りたいですか?

    弊社製品、サービスその他に関するご質問がありましたら、弊社の高度な知識を持つ専門家が対応いたします。

    3D マーケティング関連の受信に同意する
    3D Systems からのスペシャルオファー、製品の最新情報、イベントニュースの受信を希望されますか?3D Systems または当社のパートナーからのフォローアップを希望される場合は「はい」を選択してください。当社からのご案内の受信は、いつでも解除できます。当社のプライバシーポリシーを表示するにはこちらをクリックしてください。また、設定の管理はこちらをクリックしてください。