3D Systems からのスペシャルオファー、製品の最新情報、イベントニュースの受信を希望されますか?3D Systems または当社のパートナーからメールや電話によるフォローアップをご希望の場合は、「はい」を選択してください。当社からのご案内は、いつでも解除できます。当社のプライバシーポリシーを表示するにはこちらをクリックしてください。また、設定の管理はこちらをクリックしてください。

3D プリントは、今や、ハードツーリングに時間や費用をかけることなく、プロトタイプや短期間製造の部品の生産においてほぼすべての用途に対応可能な手法になりました。

利用可能なその用途はさらに広がりつつあります。

ダイレクト3D生産は大規模に拡張できるうえ、自動化生産ラインでの運用が可能です。そのため、製造メーカーは迅速にデザインを反復処理し、

即時に最終用途パーツを製造できるようになります。量産グレードの材料を使用すれば、従来の製造手法に代わる現実的で優れた製造が可能になります。

 

3D Systems Figure 4 テクノロジーと、スピード、スループット、量産グレードの材料を組み合わせることで、迅速なデザインの反復処理と

即時の最終用途パーツ製造が実現します。これにより、マスカスタム製造や優れた価値の最終用途パーツを、より迅速に、より多く

生産できるようになります。CAD から生産までをスピーディにこなせるため、ブリッジ製造に理想的です。

ツールの準備が整っていれば、射出成形に変換して生産量を増やしつつ、市場投入時間を短期化できます。

 

このホワイトペーパーをダウンロードして、製造プロセスからツーリングをなくす利点をご確認ください。

 

  • 迅速な製造時間
  • 製造個数を柔軟に決定
  • 多用途性の向上で、さまざまなパーツを同時に生産可能