製造の概念を覆す

3D Systems Figure 4 は、優れた生産性、耐久性、再現性、低い総所有コスト (TCO) による 3D 製造を現実化しました。Figure 4 はスピードと自動化を備えることで優れた生産性を実現するだけでなく、シックスシグマにより性能が実証された丈夫で実製品品質の多種多様な材料を利用して、現実的に再現性と精度の高い部品の製造を可能にしています。

  • 高速デジタル成形

    Figure 4™ は超高速なアディティブマニュファクチャリング技術をモジュールごとに利用できるため、自動化された組立ラインに組み入れることも、最終用途部品の洗浄、乾燥、硬化、などの二次的処理と統合することも可能です。デジタル成形は、高額なツーリングにかかる費用と時間を削減することで、開発コストを抑え、生産性を向上させます。デジタル成形では、少量のプラスチック部品生産の自動化されたワークフロー プロセスを採用することで、生産を短期化および簡素化します。Figure 4 は再現性の高い CAD に忠実な部品精度を迅速なインライン製造ワークフローで提供します。

モジュラー式プラットフォームは製造ニーズに合わせて拡張可能

Figure 4 は変更可能なユニットで構成されるため、いつでも拡張が可能で、必要に応じて製造能力を増強できます。スタンドアロン型のプリンターを使ってラピッド プロトタイピングや少量のダイレクト 3D 製造を行い、生産量の増加に合わせてモジュラー システムを拡張できるだけでなく、完全に自動化された統合ファクトトリ ソリューションに拡張することも可能です。

  • 3D Systems Figure 4 Production のユーザーインターフェース モジュール
    Control Cell
    3D Systems Figure 4 Producation プリントエンジン モジュール
    Print Engine Cell
    3D Systems Figure 4 Producation プリントエンジン モジュール
    Print Engine Cell
    3D Systems Figure 4 Producation プリントエンジン モジュール
    Print Engine Cell
    3D Systems Figure 4 Producation プリントエンジン モジュール
    Print Engine Cell
    3D Systems Figure 4 Production クリーニング ステーションを備えたプリントエンジン モジュール
    Post-Processing Cell
  • 3D Systems Figure 4 Producation 一式
  • 広範囲な材料

    3D Systems の Material Design Center には、30 年以上にわたる研究開発の実績とプロセス開発の専門知識があります。Figure 4 で利用可能な実製品品質の材料には、幅広い種類の材料が含まれているため、射出成形やウレタン造形と完全に置き換えることができます。

  • Figure 4 の多様な産業向け材料
    新規ウィンドウ
  • Figure 4 3D Sprint のプロジェクト画像のキャプチャ
    新規ウィンドウ
  • 3D Sprint でワークフローを改善

    Figure 4 solutions では 3D Systemsの先進的ソフトウェアである 3D Sprint™ を使用してファイルの作成、編集、印刷、管理を単一の使いやすいインターフェースから実行します。3D Sprint を使用すれば、サードパーティベンダーのソフトウェアを使用する必要がなくなるため、お客様は 3Dプリンタの所有に要するコストを大幅に削減できます。また、3D Sprint は材料の使用量を低減するために必要な優れたサポートを自動的に提供するため、大幅なコスト削減につながります。

  • 生産を最大化

    3D Connect ではフリート監視とリモートによる診断アプリケーションを利用できるため、3D 生産に新たな管理性を生み出します。

    3D Connect Service では安全なクラウドで 3D Systemsのサービスチームとつながることで、予測的かつ予防的なサポート受けることでき、サービスが改善されています。また、アップタイムを向上し、システムの生産性を保証します。

    また、3D Connect Manage を利用すると、いつでも、どこからでも印刷ジョブ、システム性能指標、使用状況にアクセスして装置を管理および監視できるため、生産効率性が向上します。

  • 生産効率を上げ、3D 印刷の IIOT 管理でアップタイムを向上
    新規ウィンドウ

*スループットの高さは Figure 4 モデルでのさまざまな使用例に基づき、他の 3D 印刷システムと比較したものです。部品費用は従来の製造方法における部品やオペレーションと比較したものです。

  • もっと知りたいですか?

    弊社製品、サービスその他に関するご質問がありましたら、弊社の高度な知識を持つ専門家が対応いたします。