3D Systems はデジタル歯科治療革命を推進します

3D Systems delivers industry-leading technologies and expertise needed for dental labs and dentists to streamline services and support desired dental outcomes.

Dental labs adopting 3D printing from 3D Systems experience a more efficient use of precious metals, fewer remakes and better precision though digital methods.

歯科医療用金属 3D プリンティング

The applied Direct Metal Printing (DMP) technology provides unlimited design flexibility with perfect passive fit. DMP overcomes the limitations related to geometry and surface retention set by traditional manufacturing techniques and CNC milling technology. 3D Systems controls DMP to such an extent that it is capable of perfecting the technology and realizing the most challenging specifications.

  • フレーム
  • Freedom of shape

    ダイレクト メタル プリンティングは、薄いレイヤを連続的に積層し、制約のない設計自由度をもたらします。非常に複雑な生体の形状でも、複雑な表面の質感でも、高いレベルの細部でも…すべて実現可能です。

  • パール表面保持
  • 「パール」表面保持

    DMP は、従来の鋳造、またはフライス加工により定められた、表面保持に関連する制限を克服します 。DMP によって、最も保持力がある表面の質感を、構造の一体部分として達成することが可能となります。これらはデジタルで設計、製造され、後処理のステップを何ら必要としません。 パール構造が、金属ブリッジの完全なグリップを、材料欠けのリスクもなく確実なものとします。

  • 角度付きねじ穴
  • 角度付きねじチャンネル

    このオプションは、すべてのインプラント プラットフォームで使用でき、審美的ゾーンの外部の 配置 ねじ穴 を可能にします 。スクリュー チャネルは、 最大 30° に角度付けられます。

  • Perfect fit
  • Perfect Fit

    3D Systems は 3D プリントを CNC 仕上げ To を統合して、 最高精度のインプラント - アバットメント接続を実現します。これにより、 精度はインプラントの境界で 20 µm 以上であるため、完璧なパッシブ フィットを確実にします。 この占有の製造方法の精度は、 ACTA 研究所と共同で検証されました (Int J Oral Maxillofac Implants, 2011, 26(6):1344-50. 光学スキャンによる分析では、インプラントに支持されるスープラストラクチャに僅かな不適合が検出されました。A. Tahmaseb, P. Mercelis, R. de Clerck, D. Wismeijer)

材料

チタニウム合金

グレード 1~4 は工業用純チタングレードですが、グレード 5 は成分としてアルミニウムとバナジウムを含むチタン合金 (Ti6Al4V) です。 これらの 合金 成分は、材料を純チタンよりはるかに強くし、一方生体適合性は維持されます。チタン グレード 5 は、 整形外科 用途 (例: 股関節インプラント、脊髄ケージ、固定プレート。)

3D Systems 独占的に チタニウム グレード 5 をフライス加工される構造用および歯科 DMP 構造用に使用し、 機械特性では一般的に使用される純チタングレードを凌ぎます。

コバルトクローム合金

3D Systems は 2 つの異なるタイプのコバルトクローム合金を使用します。一方はインプラントのスープラストラクチャと接着修復に適し、もう一方は着脱式部分床義歯のフレームに適しています。

  • インプラント スープラストラクチャおよび接着修復用コバルトクローム合金
    この高強度コバルトクローム合金は、特に歯科治療用途に適合し、ISO 22674 に基づくタイプ 4 合金に対応します。その熱膨張係数 14.0 (µm/m°C) は、市販の標準べニア材料を使用して、最適なべニア処理を可能にします。
  • フレーム用コバルトクローム合金
    このコバルトクローム合金は、ISO 22674 に基づくタイプ 5 合金で、ニッケル、カドミウム、ベリリウムを含みません。この合金は高い耐力と高い延びを組み合わせ、高い適応性をもたらします。耐疲労性はルーベン大学と共同で試験され、使用の間にサイクル負荷クラスプが課せられる条件に適した耐性が証明されました。

製品の種類