重量、力、慣性をより効果的に最適化

新情報 - さらなる軽量化

FIA 認定済みの新素材、Certified Scalmalloy (A) は、高強度で腐食耐性に優れたアルミニウムでありながら、チタンよりも 40% 軽いという特性を備えています。この素材が、構造部品のさらなる軽量化にどのように貢献するかをご紹介します。

A 3D printed suspension rocker made from Certified Scalmalloy A

金属構造コンポーネントの課題に対応するソリューション

  • Thales の DMP Factory 350 金属粉ベッド融合プリンタで 3D プリントされた、トポロジが最適化された航空宇宙ブラケット
  • 高性能へのニーズに対応

    レースカーの構造コンポーネントは、過酷な状況下でもパフォーマンスを発揮するものでなればなりません。積層造形により、強度対重量比を最適化してパフォーマンスを向上し、反復処理にかかる時間を短縮できます。結果として、不具合を迅速に特定し、設計の検証をより早く行えるようになります。
  • 余裕の少ないパッケージング環境に対応する設計

    多くの場合、構造システムは制約が多い環境でパッケージ化する必要があります。積層造形では、ウィッシュボーンや支柱などのパーツを作成する際に設計と製造を柔軟に行えるため、厳格な寸法要件に適合して機能するパーツを作成することで、この課題に対応できます。
  • モータースポーツ向け金属コンポーネントの慣性管理
  • 慣性の効果的な管理

    金属構造システムは、強大な回転力に耐えられるものでなくてはなりません。積層造形ではレースカーの強度対重量比をより詳細に制御できるため、慣性力に対する制御性が高まり、効率性と耐久性を向上させることができます。
  • フォーミュラ E
  • コンポーネント数の削減

    金属構造システムには高い応力を処理する能力が必要とされるため、複数のコンポーネントを使用して構築することで不具合の箇所が増加する可能性があります。当社のエンジニアは、お客様と協力しながら、耐久性に優れ、使用するコンポーネントが少ない一体型のパーツを作成することでリスクを低減するサポートをいたします。
  • MTI DMP 3D プリントパーツ

    Metal Technology (MTI) は金属 3D プリント使用ユーザー事例

    English Racing では三菱ランサーエボリューションの油圧に関する問題を解決するための設計を必要としていましたが、その製造が別の制約を発生させる原因となっていました。3D Systems の金属 AM により、同チームは数か月単位ではなく、数日のうちに製造と車両への組み込みを実現できました。
  • 3D プリントによる LaserForm Thales ブラケット

    eBook - 3D プリントのメリット: 金属 3D プリンティングおよび軽量化

    金属構造コンポーネントの強度対重量比を適切に管理することは、走行性能を向上させる上で鍵となる要素です。金属 AM によりコンポーネントを軽量化する基本的な方法をご紹介します。
  • モータースポーツ用金属 3D プリント部品

    モータースポーツ用金属プリント構造コンポーネント

    マウント、ロッカーアーム、ハウジングのいずれにおいても、金属 AM は多くの構造コンポーネント用途に大きなメリットをもたらします。AM はデジタルアプローチを採用しているため、カスタムツールを必要としません。生産時間の短縮は、本テクノロジを活用することで得られる典型的なメリットです。

他のモータースポーツアプリケーション

専門家に相談する

3D Systems から連絡を受け取ることに同意します
3D Systems からのスペシャルオファー、製品の最新情報、イベントニュースの受信を希望されますか?3D Systems または当社のパートナーからのフォローアップを希望される場合は「はい」を選択してください。当社からのご案内の受信は、いつでも解除できます。当社のプライバシーポリシーを表示するにはこちらをクリックしてください。また、設定の管理はこちらをクリックしてください。

このサイトは、reCAPTCHA で保護されています。Google のプライバシーポリシーおよび利用規約 が適用されます。