• 非常に耐久性が高く複雑な形状を量産グレードのナイロンで作成

    SLS 製法は、少量から中量の生産、高速プロトタイプ、機能テスト向けの耐久性と機能性が求められる部品に最適です。産業グレードで、耐衝撃性と耐疲労性に優れた強靭な Nylon 11 材料、食品グレードで生体適合性があり、耐火性と強度に優れた Nylon 12 熱可塑性素材、剛性、耐熱性、強度、表面仕上げで優れた特性を持つ充填ナイロンなど、多種多様な材料が揃っています。

  • SLS 3D プリント部品からダストを払う作業者

    3D Systems の粉末焼結積層造形法 (SLS) テクノロジーをによる、機能的な量産グレードのナイロン部品

プロセスについて

概要

SLS では、高出力 C02 レーザーを使用して粉末材料の小粒子を溶融し、3D部品を作成します。レーザーは、粉体床の表面で断面を X-Y 方向にスキャンして、粉末材料を選択的に溶融します。3D CAD データから、一度に 1 レイヤーを積層してモデルを造型します。

SLS は、少量から中量の最終用途部品、エンクロージャ、スナップフィット部品、自動車用コンポーネント、薄肉ダクトなどに好適な、耐衝撃性のエンジニアリング プラスチックから部品を作成します。

SLS は、従来の製造法では多くの組立てを必要とする、少量生産部品に複雑な形状を可能にします。

標準解像度の公差:

  • X/Y 平面: 最初の 1 インチは +/- 0.005 インチ、それ以降は 1 インチごとに +/- 0.005 インチ
  • Z 平面: 最初の 1 インチは +/- 0.010 インチ、それ以降は 1 インチごとに +/- 0.005 インチ
アプリケーション

一般事項

  • コンセプトモデルの機能証明
  • 設計評価モデル (形状、嵌め合い)
  • エンジニアリング設計検証
  • 製品性能および試験
  • 風洞試験モデル

ラピッドマニュファクチャリング

  • 航空宇宙用ハードウェア
  • 医療およびヘルスケア
  • 電子、パッケージ、コネクタ
  • 国土安全
  • 軍用ハードウェア

ツーリングや鋳造模型

  • ジグおよび固定具
  • インベストメント鋳型パターン

プロダクション

  • 最終用途コンポーネントの少量生産
  • 複雑なプラスチック部品
  • 部品の一体化の試作
材料
機械特性 引張強度 引張係数 引張破断点伸び 曲げ弾性率 アイゾット衝撃試験-
ノッチ付き
加熱撓み温度
@66psi
硬度 融点
試験方法 ASTM D638 ASTM D638 ASTM D638 ASTM D790 ASTM D256 ASTM D648 ASTM D2240 DSC
単位 psi psi % psi (ft-lb)/in ºF ショア D ºF
ナイロン
(Duraform PA)
6,237 230,000 14% 201,000 0.6 356 73  
ガラス繊維充填ナイロン (Duraform GF) 3,771 590,000 1.4% 450,000 0.8 354 77  
耐久性のあるナイロン
(Duraform EX)
5,366 220,000 47% 190,000 1.2 370    
繊維充填ナイロン
(Duraform HST)
7,050
-
7350
(XY)
4500
-
4900
(Z)
421,000 - 434,000
4.5%
(XY)
2.7%
(Z)
381,000 - 410,000 0.7 354 75  
終了

標準仕上げ (コーティングなし) – 残った粉末を取り除き、ビーズブラストを施工

標準仕上げ (コーティングあり) – 残った粉末を取り除き、ビーズブラストを施工、シーリング剤を塗布

塗装対応仕上げ – 標準仕上げ (コーティングなし) に加え、80~150 グリッドのサンドペーパーで美的外観が求められる表面のすべての造形線/レイヤー線を研磨し、プライマーを塗布後、220 グリッドのサンドペーパーで研磨、さらにプライマーを塗布後、320 グリッドのサンドペーパーで研磨、最終コートのプライマーを塗布後 600 グリッドのサンドペーパーで研磨 (美的外観が不要な表面には造形線/レイヤー線が見られる)

塗装仕上げ – 塗装対応の仕上げに顧客の指定色で塗装

染色仕上げ – コーティングなしの標準仕上げに染色

カスタム仕上げ – 顧客指定


オンデマンド サービス

  • ヘルプが必要ですか?当社にお任せください。

    世界中の先進的な製造施設を利用して、当社のアプリケーションエンジニアチームが地域密着型のサポートに加え、産業と製造に関する専門知識を提供します。オンラインアクセスは 24 時間 365 日可能です。また、当社の施設に直接お問い合わせいただければ、プロジェクトマネージャーが必要なサポートを提供します。