3D Systems からのスペシャルオファー、製品の最新情報、イベントニュースの受信を希望されますか?3D Systems または当社のパートナーからメールや電話によるフォローアップをご希望の場合は、「はい」を選択してください。当社からのご案内は、いつでも解除できます。当社のプライバシーポリシーを表示するにはこちらをクリックしてください。また、設定の管理はこちらをクリックしてください。

熱可塑性プラスチックのダイレクトデジタル製造は、優れた品質を提供するだけでなく、射出成形では不可能であった優れた設計パラメーターを実現します。3D Systemsは多くのFortune 500の企業様に数多くの3Dプリンターを納品してまいりました。

熱可塑性プラスチックの3Dプリント製造により、射出成形金型製造への長いリードタイムと先行投資を回避することができます。

品質、製品化までの時間、コストの3つの観点から製造パーツを評価すると、多くの場合産業用レーザー焼結(SLS)は優れたトータルバリュープロポジションを提供します。

また材料エンジニア、デザイナー、製造エンジニアは、概観と機能性面での両方において必要なパーツ製造の実現に向けコラボレーションできます。
 

 

SLS設計ガイドでは下記の観点から、SLS の3Dプリントがどのようにお客様をサポートできるかをご説明します。

 

ー改良された製品
ー新規設計
ー新しいビジネスモデル
ー新規市場への参入

また、SLSではパーツの統合を念頭に置いて設計できるため、従来の製造に一般的なアセンブリプロセスを排除できます。エンジニアは、他の技術では実現できない生産用のジオメトリを設計できるようになり、時間とお金を最終的にセーブすることになるでしょう。