• アプリケーション

    • 生体適合性、滅菌、熱耐性が必要な一般的な医療用途
    • サージカルガイドおよびスプリント
    • 高温耐性と剛性が求められる部品
      • 流体用マニフォールド
      • 高温テスト
    • 高解像度のフィーチャを備えた部品
      • ねじ込みアセンブリ
    • 可視化および流体フローモデル
  • 利点

    • 生体適合性 (細胞毒性、感性、刺激性) に関する ISO 10993-5 および 10993-10 規格に準拠。
    • 内部フィーチャおよび性能の評価が必要な部品に適した高い可視性
    • 高温テスト
    • CAD に忠実な精度と鮮明なフィーチャディテール
  • 機能

    • 生体適合性*
    • オートクレーブで滅菌可能
    • 100 °C 以上の耐熱性
    • 優れた耐湿性
    • 剛性、透明
  • 主な材料特性

    該当する ASTM および ISO 規格に準拠した完全な機械特性を備えています。すべての部品において、ASTM 推奨の最低規格条件 (温度 23 °C、湿度 50% で 40 時間) を設定しています。材料特性には、物理的および機械的特性にくわえ、熱的特性が含まれます。

  • 等方特性

    Figure 4 テクノロジーでは、機械的特性という点で等方性のある部品をプリントします。つまり、X、Y、Z 軸で同様の結果を示す部品がプリントされます。最高の機械特性を考慮しながら部品を配置する必要はなく、自由度、部品の向き、機械的特性を改善する必要もありません。

長期的な環境安定性

Figure 4 MED-AMB 10 は、UV と湿度において長期的な環境安定性を維持できるように開発されています。これに伴い、初期の機械特性を一定期間にわたって高い比率で保持する機能について、テストを実施済みです。そのため、部品の用途について検討すべき実際の設計条件が明確にされています。

下記のグラフはデータセットのサンプルです。データシートには、引張強度、破断点伸び、引張係数、耐衝撃性について、屋内および屋外の安定性が記載されています。Y 軸上の値は実際のデータ値、データポイントは初期値に対する割合 (%) を示しています。

  • 屋内安定性

    ASTM D4329 規格に従ってテスト済み。

    Figure 4 MED-AMB 10 屋内の破断点伸びを示したグラフ
  • 屋外安定性

    ASTM G1554 規格に従ってテスト済み。

    Figure 4 MED-WHT 10 屋外の引張強度を示したグラフ

化学的適合性および自動車流体適合性

炭化水素および洗浄用化学薬品と材料の適合性は部品用途に不可欠です。ASTM D543 試験条件および USCAR2 試験条件に従って、Figure 4 MED-AMB 10 部品の密封時および表面接触の適合性についてテストを実施しました。引張強度 (MPa) の結果は以下のとおりです。完全なデータシートには、引張係数、破断点伸び、耐衝撃性 (ノッチあり) について付加情報が記載されています。

  • 自動車流体適合性

    Figure 4 MED-AMB 10 自動車流体の適合性 - 引張強度を示したグラフ
  • 化学的適合性

    Figure 4 MED-AMB 10 化学的適合性 - 引張強度を示したグラフ

* Biocompatibility is based on testing by 3D Systems on a single geometry and sample set per ISO 10993-5 and -10. Users should confirm fitness for use and biocompatibility for their applications.

こちらもご検討ください


技術仕様

  • 重要な機械特性

    • 最大引張強度: 69 MPa
    • 破断点伸び: 4%
    • 曲げ係数: 2810 MPa
    • 衝撃耐性 (切り欠きアイゾット): 18 J/m
    • 熱撓み温度: 0.45 MPa で 119 °C
    • 吸水率 (24 時間): 0.26 %

    材料の技術仕様のダウンロードはこちら

  • Figure 4 MED-AMB 10

    流体フローの可視化に適した Figure MED-AMB 10 材料で作成された生体適合性*と高温耐性を備え、滅菌可能な水用のノズル。

  • プラスチックで 3D プリント可能な製品とは?

    プラスチックの 3D プリントでは、エンジニアリンググレードの材料であるエラストマーや複合材など、多くの選択肢があります。必要なのは柔軟性ですか?強度ですか?生体適合性ですか?他には?

  • プラスチック 3D プリントの利点

    プラスチックによる 3D プリントでは、ほぼすべての物を造形できます。プロトタイプ、製造、解剖模型などに使用されます。御社に最適な特性を実現できるプラスチック材料と 3D テクノロジーをお選びください。

この 3D プリンタ材料に関するお問い合わせ

3D Systems から連絡を受け取ることに同意します
3D Systems からのスペシャルオファー、製品の最新情報、イベントニュースの受信を希望されますか?3D Systems または当社のパートナーからのフォローアップを希望される場合は「はい」を選択してください。当社からのご案内の受信は、いつでも解除できます。当社のプライバシーポリシーを表示するにはこちらをクリックしてください。また、設定の管理はこちらをクリックしてください。

このサイトは、reCAPTCHA で保護されています。Google のプライバシーポリシーおよび利用規約 が適用されます。


弊社のエキスパートがお客様のパーツをプリントいたします。

プロトタイプの作成、設計の検証、外観モデルの作成、または少量デジタル製造パートナーとしてのサポートが可能です。SGSのグローバルネットワークと幅広い材料と能力により、必要なときに必要な場所で部品をわずか24 時間で製造できます。


この材料と互換性のあるプリンター: