3D Systems からのスペシャルオファー、製品の最新情報、イベントニュースの受信を希望されますか?3D Systems または当社のパートナーからメールや電話によるフォローアップをご希望の場合は、「はい」を選択してください。当社からのご案内は、いつでも解除できます。当社のプライバシーポリシーを表示するにはこちらをクリックしてください。また、設定の管理はこちらをクリックしてください。

積層造形の次のチャプターの主役となるのは Figure 4 テクノロジーです。Figure 4 テクノロジーは、メンブレン非接触型Figure 4テクノロジー、最新のプラスチック樹脂と光ベースの UV 硬化プロセスを使用する、

新しい製造ソリューションです。硬化プロセスの所要時間は、熱ベースが数時間であるのに対し、光ベースはわずか数分です。

高速の非接触膜プロセスと低静的ボリュームのプリントトレイが結び付いたことで、より反応性の高い化学組成の材料が使用できる

Figure 4 Standalone は、3D プリント業界のプリント速度ベンチマークで新記録を達成しました。

Figure 4 Standalone は、少量生産や超高速プロトタイピングに適した手頃な価格の汎用ソリューションです。

今すぐダウンロードして、3D プリントされたパーツの直接生産に、速度、再現性、手頃な価格による大変革がどのように

起きるのかをご覧ください。Figure 4 テクノロジーにより以下のことがどのようにして可能となるのかをご理解いただけます。

  • 非接触膜ダイレクトデジタル生産テクノロジーによる優れた最終パーツ
  • 超高速で、市場投入までの期間を短縮
  • 低い総所有コスト
  • 均一で正確な水準での再現性
  • スケーラビリティ – 11 日で 10,000 個のパーツが使用可能に
  • 幅広い材料の選択が可能になる汎用性