• アプリケーション

    • 機能性を持つアセンブリやプロトタイプ
      • 自動車のスタイリングパーツ
      • コンシューマーグッズと電子部品
      • 容器および筐体
      • 製品設計
    • RTV/シリコン モデリング用マスターパターン
    • コンセプトモデルおよびマーケティングモデル
  • 利点

    • 信頼性と堅牢性のある機能的なプロトタイプ
    • 優れた機械的特性と精度
    • 鋳造のブラックポリプロピレンの外観と質感を持つ美しいブラックパーツ
    • 機械特性と性能特性の長期的環境安定性を改善
  • 機能

    • 優れた破断点伸びと衝撃強度 (ノッチあり)
    • やや低めの引張係数
    • 長期的な環境安定性に対応した設計
    • クリーニングが容易
  • 主な材料特性

    該当する ASTM および ISO 規格に準拠した完全な機械特性を備えています。すべての部品において、ASTM 推奨の最低規格条件 (温度 23 °C、湿度 50% で 40 時間) を設定しています。材料特性には、物理的および機械的特性に加え、熱的、UL 可燃性、電気的 (絶縁強度、絶縁耐力、散逸要因、体積抵抗率等) な特性が含まれます。

  • 等方特性

    Figure 4 テクノロジーでは、機械的特性という点で等方性のある部品をプリントします。つまり、X、Y、Z 軸で同様の結果を示す部品がプリントされます。最高の機械特性を考慮しながら部品を配置する必要はなく、自由度、部品の向き、機械的特性を改善する必要もありません。

長期的な環境安定性

Figure 4 FLEX-BLK 20 は、UV と湿度において長期的な環境の安定性を維持できるように開発されています。    これに伴い、初期の機械特性を一定期間にわたって高い比率で保持する機能について、テストを実施済みです。     そのため、部品の用途について検討すべき実際の設計条件が明確にされています。   これは、アプリケーションや部品のために考慮すべき実際の設計条件を提供します。

下記のグラフはデータセットのサンプルです。完全な伸び、引張係数、耐衝撃性について、屋内および屋外の安定性が記載されています。Y 軸上の値は実際のデータ値、データポイントは初期値に対する割合 (%) を示しています。

  • 屋内安定性

    ASTM D4329 規格に従ってテスト済み。

    Figure 4 FLEX-BLK 20 屋内の破断点伸びを示したグラフ
  • 屋外安定性

    ASTM G154 規格に従ってテスト済み。

    Figure 4 PRO-BLK 10 屋外の引張強度を示したグラフ

化学的適合性および自動車流体適合性

炭化水素および洗浄用化学薬品と材料の適合性は部品用途に不可欠です。ASTM D543 試験条件および USCAR2 試験条件に従って、Figure 4 PRO-BLK 10 部品の密封時および表面接触の適合性についてテストを実施しました。引張強度 (MPa) の結果は以下のとおりです。データシートには、引張係数、破断点伸び、耐衝撃性 (ノッチあり) について付加情報が記載されています。

  • 自動車流体適合性

    Figure 4 FLEX-BLK 20 自動車流体の適合性 - 引張強度を示したグラフ
  • 化学的適合性

    Figure 4 FLEX-BLK 20 化学的適合性 - 引張強度を示したグラフ

* 注: 国によっては、ご利用いただけない製品や材料がございます。詳細については営業担当者にお問い合わせください。

You might also be interested in:


技術仕様

  • 重要な機械特性

    • 破断点伸び: 86%
    • 引張係数: 840 MPa
    • 衝撃耐性 (切り欠きアイゾット): 91 J/m
    • 加熱たわみ温度: 0.455 MPa で 41 °C

    材料の技術仕様のダウンロードはこちら

  • 3 D システムFigure 4 Flex BLK 20 ドア機構エンクロージャ

    長期的性能実現のため Figure 4 FLEX-BLK 20 で作成された耐疲労性ウィンドウクリップ。

  • 先進の材料ラインアップをご確認ください

    Download our Plastics material guide now and explore the range of advanced materials that exist to help you take advantage of a range of characteristics.

  • プラスチックで 3D プリント可能な製品とは?

    プラスチックの 3D プリントでは、エンジニアリンググレードの材料であるエラストマーや複合材など、多くの選択肢があります。必要なのは柔軟性ですか?強度ですか?生体適合性ですか?他には?

  • プラスチック 3D プリントの利点

    プラスチックによる 3D プリントでは、ほぼすべての物を造形できます。プロトタイプ、製造、解剖模型などに使用されます。御社に最適な特性を実現できるプラスチック材料と 3D テクノロジーをお選びください。

この 3D プリンタ材料に関するお問い合わせ

3D マーケティング関連の受信に同意する
3D Systems からのスペシャルオファー、製品の最新情報、イベントニュースの受信を希望されますか?3D Systems または当社のパートナーからのフォローアップを希望される場合は「はい」を選択してください。当社からのご案内の受信は、いつでも解除できます。当社のプライバシーポリシーを表示するにはこちらをクリックしてください。また、設定の管理はこちらをクリックしてください。

この材料と互換性のあるプリンター: