VisiJet M5 Black MJP MaterialMJP つまりマルチジェット プリンティングとはインクジェット プリントプロセスで、圧電プリントヘッド テクノロジーを使用して、光硬化プラスチック樹脂または鋳造ワックス材料のいずれかをレイヤごとに堆積します。MJP は幅広いアプリケーションに対応する精巧な細部を備えたパーツ、パターン、鋳型の積層に利用されます。高解像度プリンタは所有や操作が経済的です。さらに、個別で、溶解可能または分解可能な支持材を使用し後処理が簡単です。もう一つの大きな利点は、支持材の取り外しが実際にはハンズフリー操作であることです。非常に精巧な細部や複雑な内部空洞も損害を与えずに全体的にきれいにすることができます。

MJP プリンタは最高の Z 方向解像度を最低 16 ミクロンのレイヤ厚さで提供します。さらに、プリントモードが選択可能であるため、ユーザーは解像度と速度の最適な組み合わせを選択でき、ニーズを満たす組み合わせを簡単に見つけることができます。パーツは滑らかな仕上げで、多くのアプリケーションで SLA に匹敵する正確性を達成できます。最近の材料進化によりプラスチック材料の耐久性が向上したので、最終用途アプリケーションにも適切になりました。

MJP プリンタの長所の一つはオフィス向きだということです。一般的なオフィスの電源を使用して高品質なプロトタイプや間接製造支援への便利で手軽なアクセスを提供します。オフィス向きであることとその性能により MJP プリンタはジュエリー、歯科、医療および航空宇宙におけるダイレクトインベストメント鋳型アプリケーションに理想的です。デジタルワークフローが時間、労働力、品質および費用における優れた優位性を提供します。MJP ワックスプリンタはまたデジタルドロップイン代替も従来の失ろう法鋳造プロセスに提供します。 従来の鋳造法および材料を使用しつつ、時間と費用がかかるプロセスを削減します。全体として、このプリンタはいかなる形状でもプリント可能で、測定可能な大容量処理量を提供します。

For more information, visit our MultiJet 3D Printers page.