STL ファイル形式は、ラピッドプロトタイピング業界でのデータ伝送形式のデファクトスタンダードであり、Quickparts とのやり取りに不可欠です。この形式は、ソリッドモデルのサーフェスを三角形で近似します。図 1 のボックスのような単純なモデルの場合、サーフェスは図 2 のように 12 個の三角形で近似できます。サーフェスが複雑になるほど、図 3 のように、生成される三角形は増えます。

What Is An STL

今日のほぼすべての CAD システムでは、STL ファイルを生成することができます。生成手順は、[ファイル]>[名前を付けて保存]>[STL]のように単純です。今日の主な CAD システムで高品質 STL ファイルを生成する手順を後で示します。どのケースも、STL ファイルをバイナリーファイルとしてエクスポートします。これにより、時間とファイルサイズの節約になります。 

原則として、弦の公差や角度制御などのオプションを変更すると、STL ファイルの解像度が変更されます。STL ファイルが大きくなるほど、モデルのサーフェスに作成される三角形は増えます。(曲線が多くない) 単純なジオメトリーの場合、ファイルはわずか数百キロバイトです。複雑なモデルの場合、良い部品を作るには、1 ~ 5 MBのファイルサイズが必要になります。5 MB を超えるファイルは、大半のジオメトリーには不要です。見積りとパーツのやり取りに時間がかかるだけです。

また、大半の RP プロセスと材料で最小限必要なフィーチャーの厚さは、0.020 です。これよりも薄い場合、フィーチャーは生成されません。モデルを確認して、重要なフィーチャーに適切な変更を加えてください。なお、例外もあります。高解像度 SLA の場合は、フィーチャーを 0.010 まで薄くすることができます。一方、SLS Flex 材料の場合、フィーチャーを生成するには、0.040 の厚さが必要です。

(なお、下記はあくまでも一般的なガイドラインであり、正常に機能しない場合や、最良の STL ファイルが生成されない場合もあります。詳細については、各ユーザーガイドを参照してください。テクニカルサポートが必要な場合は、各ソフトウェアの開発元にご相談ください。ご使用の STL ファイルが生産に適さないと Quickparts で判断された場合、ファイルの更新を求めるメッセージが表示されます。)

Geomagic Design (元 Alibre)

  • ファイル
  • エクスポート 
  • Save As (名前をつけて保存) > STL 
  • ファイル名の入力 
  • 保存 

 

AutoCAD

  • STL ファイルを出力するには、設計が 3 次元のソリッドオブジェクトであることが必要です。
  • モデルが正の領域にあることを確認 
  • Facetres を 10 に設定 
  • コマンドプロンプトで STLOUT と入力 
  • オブジェクトの選択 
  • バイナリに Y を選択 
  • ファイル名の選択 

 

CadKey / KeyCreator

  • エクスポートオプションから光造形を選択
  • ファイル名を入力 
  • OK をクリック 

 

I-DEAS

  • File (ファイル) > Export (エクスポート) > Rapid Prototype File (ラピッドプロトタイプファイル) > OK
  • プロトタイピングするパーツを選択 
  • Select Prototype Device (プロトタイプデバイスの選択) > SLA500.dat > OK 
  • absolute facet deviation (絶対ファセット偏差) を 0.000395 に設定 
  • Select Binary (バイナリを選択) > OK 

 

Inventor

  • Save Copy As (コピーを名前をつけて保存)
  • Select STL (STL の選択) 
  • Choose Options (オプションの選択) > 高に設定 
  • ファイル名の入力 
  • 保存 

 

IronCAD

  • 部品上で右クリック
  • Part Properties (部品特性) > Rendering (レンダリング) 
  • Facet Surface Smoothing (ファセットサーフェススムージング) を 150 に設定 
  • File (ファイル) > Export (エクスポート) 
  • .STL の選択 

 

Mechanical Desktop

  • AMSTLOUT コマンドを使用して STL ファイルをエクスポートします。
  • 次のコマンドラインオプションは、STL の品質に影響を与えるため、許容可能なファイルを生成するには調整が必要です。
  • Angular Tolerance (角度公差) - このコマンドは、隣接する三角形の法線間の角度を制限します。 
  • デフォルト設定は 15 度です。角度を小さくすると、STL ファイルの解像度が向上します。 
  • Aspect Ratio (アスペクト比) - この設定は、ファセットの高さ/幅の比率を制御します。1 を設定すると、ファセットの高さは幅以下になります。デフォルト設定 0 を使用すると、このオプションは無視されます。 
  • Surface Tolerance (サーフェス公差) - この設定は、ファセットのエッジと実際のジオメトリーとの間の最大距離を制御します。0.0000 を設定すると、このオプションは無視されます。 
  • Vertex Spacing (頂点間隔) - このオプションは、ファセットのエッジの長さを制御します。デフォルト設定 0.0000 を使用すると、このオプションは無視されます。 

 

ProE

  • File (ファイル) > Save a Copy (コピーを保存)
  • type (種類) を STL に設定 
  • chord height (弦の高さ) を 0 に設定。このフィールドは、最小許容値に置き換えられます 
  • Angle Control (角度制御) を 1 に設定 
  • ファイル名の選択 
  • OK 

 

Rhino

  • File (ファイル) > Save As (名前を付けて保存)
  • Select File Type (ファイルタイプの選択) > STL 
  • STL ファイルの名前の入力 
  • 保存 
  • バイナリ STL ファイルの選択 

 

SolidDesigner

  • File (ファイル) > External (外部) > Save STL (STL を保存)
  • バイナリモードの選択 
  • 部品の選択 
  • 最大距離偏差に 0.001 mm と入力 
  • OK をクリック 

 

Solid Edge

  • File (ファイル) > Save As (名前を付けて保存)
  • 保存のファイルの種類を STL に設定 
  • オプション 
  • 変換公差を 0.001 インチまたは 0.0254 mm に設定 
  • サーフェス平面角度を 45.00 に設定 
  • 保存 

 

SOLIDWORKS

  • File (ファイル) > Save As (名前を付けて保存)
  • 保存のファイルの種類を STL に設定 
  • Options (オプション) > Output As (出力形式) = Binary (バイナリ)、Unit (単位) = インチ 
  • Resolution (解像度) > Custom (カスタム)、Deviation Tolerance (偏差公差) = 最小値 (スライドバーを右に移動)、Angle Tolerance (角度公差) = 5 度 
  • OK 
  • 保存 

 

Think3

  • File (ファイル) > Save As (名前を付けて保存)
  • 保存のファイルの種類を STL に設定 
  • 保存 

 

Unigraphics

  • File (ファイル) > Export (エクスポート) > Rapid Prototyping (ラピッドプロトタイピング)
  • 出力タイプをバイナリに設定 
  • Triangle Tolerance (三角形公差) を 0.0025 に設定 
  • Adjacency Tolerance (隣接公差) を 0.12 に設定 
  • Auto Normal Gen (自動法線生成) をオンに設定 
  • Normal Display (法線表示) をオフに設定 
  • Triangle Display (三角形表示) をオンに設定