• 高品質パーツのリードタイムを最小化

    3DXpert を使えばいくつもの異なる手段を行ったり来たりすることなく目的を果たすことができます。3DXpert は必要なものを1つのソフトウェアソリューションで提供します。1つのツールで、パーツデータの読み込み、パーツの配置、形状の最適化とラティス作成、最適なサポート作成、造形シミュレーションと設計意図に厚最終パーツに仕上げるための後加工、造形方法の設定、スキャンパス計算、ビルドプラットフォームの調整、プリントファイルの作成、さらに必要なら最終加工のマシン設定までを行います。

新 3DXpert バージョン 14 - メタルアディティブプロダクションを加速

  • マルチプリントヘッドをサポート -シームレスパーツクオリティを維持した生産スループットの向上
  • 設計変更指示 (Engineering Change Orders: ECO)を加速 - 変更に素早く対応
  • より早く、向上したシミュレーション - 設計から製造までのリードタイムを短く
  • 配置ツールの改善 - ユーザー制御の改良と準備時間の短縮化

これらは 3DXpert 14 の新しい機能や改善された機能のほんの一部です。 

3DXpert 作業プロセス – 設計から製造まで

新規ウィンドウ

3DXpert を選ぶ理由

  • 形式に制限されない、優れた敏捷性、品質、速度での作業

    B-rep (境界表現、すなわちソリッドまたはサーフェース) とメッシュポリゴンフォーマット (たとえば STL) の両方でシームレスに処理することができます。貴重な時間を節約し、作業履歴に基づいたパラメトリックCADツールを使うことで、より大きい柔軟性が得られます。ソリッドまたはサーフェースデータをメッシュに変換する必要を省き、データの品質と整合性を改善します。

  • 自動化と完全ユーザー制御の究極の組み合わせを活用

    反復作業を自動化する一方で、それぞれのパラメータや設計全体、製造工程の様子を制御が可能なツールの最適な組み合わせを提供します。各プリンタ、材料、プリントストラテジに最適な指針に基づいた事前定義パラメータの利用や、または今までにないユーザーオリジナルのスキャンパス計算方法や、パラメータによるプリントストラテジーを開発することで、プリンタを最大兼に活用します。

  • プリントストラテジーの最適化によるプリント時間の短縮と品質の確立

    さまざまな部位に最適なプリントストラテジーを割り当て、それらを自動的に単一のスキャンパスに融合してプリント時間を短縮する一方、パーツの整合性を維持します。独自の多様なプリントストラテジーは、設計の目的やパーツの形状を考慮して効率的なスキャンパスを作成し、3D メタルプリントの課題に取り組みます。