工場生産方法は、拡大縮小可能で、工業基準の不可製造によって強化されます。

200年以上、工場での生産はプロセスの反復性、生産した部品の耐久性、ワークフローの生産性およびオペレーションの全体的な低いコストの4つの基準で優れていました。品質が良く大量の部品を低いコストで生産するよう、工場のワークフローは最適化されていました。どのような生産方法やワークフロープロセスを、標準化したプロセスを使おうとする場合、これらのプロセスと同じまたはより良い成果を出さなければなりません。 

今日では生産工程は急速な変化を遂げようとしています。このプロセスはIndustry 4.0と呼ばれています。新しい市場の需要は、生産者のスピードと機敏性を増やすようプレッシャーをかけています。新しいビジネスモデルは、顧客の需要に対して素早いレスポンスと素早い設計反復性を必要とします。生産者は短い生産サイクルと素早い生産体系の進化を必要とし、実際の製品をとんでもないスピードで生産する必要があります。 

シームレス大型部品のための拡張型メタルアディティブマニュファクチャリング
DMP Facotry 500は最適化したワークフローを持つメタル3Dプリントソリューションで、大規模な拡張性、再現性のある高品質のパーツ、高スループット、低総運用コストを持ち、最大500 mm x 500 mm x 500 mmの部品を生産することは可能。

幸いなことに、このようなプレッシャーにあっても3Dプリントテクノロジーは工場生産の戦略的な資産になりえる能力を持つようになるまで進化しています。新しい材料、新しいプリント方法、新しいデザイン能力、そして新しいワークフロープロセスのおかげでデジタル製造方法が可能になりました。過去30年間、3プリントはデザインレビュー、プロトタイピング、そして時々発生する1回のみの製造またはブリッジ製造の研究開発の定番でした。今日では、3Dプリントは製造の現場に入り、最終製品の大量生産の一部にもなりえます。 

オン

3D Systemはこの改革的な進化をDigital Factoryと呼び、工場生産の大4基準を満たしています。

  • 部品の反復性はSix Sigma品質を保証できます。
  • 新しいデザイン技術、革新的なメタル及びプラスチック材料をもって耐久性を保証できます。
  • 最先端の生産プロセスを使い、生産性は止まることはありません。
  • 部品製造の全体的なコストは、正しいパーツと正しい生産レベルさえ設定されていれば、既存の生産方法を超えます。
  • Thales社 の DMP Factory 350 メタルパウダーベッド融合プリンターで 3D プリント、トポロジー最適化された航空宇宙ブラケット
  • Digital Factoryで作ったパーツは反復性がよく耐久性がいいだけではありません。従来の生産方法で達成不可能な製品とプロセスをIndustry 4.0並みの製品を提供できます。進化したデザインアルゴリズムを使って個体ではなく内部格子を作ることができ、軽く協力なパーツの生産を可能にします。射出成型を使う会社では、数週間ではなく数時間で共形冷却モールドを作ることができるだけではなく、大量に新しい熱可塑性パーツを作ることもできます。デジタル製造プロセスは、メタルパーツを製造する従来の鋳造方法の費用、ツール製作、そしてそれに伴う危険性がない状態で、ワックスモールド鋳造パターンと鋳造パーツを素早く柔軟性を持って作ることができます。

Digital Factoryの3つの柱

調査会社であるJabilによると、68%の自動車メーカーは2年以内に新しい商品を市場に出すと報告している。数年前は新しい商品をだすまでは10年かかったそうです。他の業界も、新しい商品の発表までのリードタイムが短くなったそうです。市場の新しい需要を満たすには、Digital Factoryの革命的な生産スピードと機能が必要。 

Digital Foundryでは、射出成型、鋳造、およびパーツ製造を変える方法を提供します。Digital Factoryにはメタル、プラスチック、そしてDigital Foundry の3つの柱で構成しています。製造者が必要とするものはは業界、製品、そしてデザインから実際の製品まで移行する必要なスピードによります。3つの柱すべては、最大の可能性に達するには最先端のソフトウェアによります。 

  • Digital Factory for Metals

    3D SystemsのDMP Flex 350は丈夫な材料向け3Dプリンターで、止まることのない生産と柔軟性の高い使い方ができます。

    Digital Factory for metalsは、付加的と減法的ソリューションを実装するモジュール式プロセスを利用し、業界の主な金属で工場での継続的かパーツ製造反復性を生産します。従来の方法を取り組むことで、より効果的なパーツをより早く生産できます。

  • Digital Factory for Plastics

    Parts printed on Figure 4 Standalone at 3Dprintedparts.com

    Digital Factory for Plasticsは最新の添加熱可塑性素材および樹脂を使って耐久性が高いパーツを大量に生産します。MOQのないプラスチックパーツの短期間生産がおこなわれる従来の射出成形方法に比べて、生産時間は極端に減らすことができ、ツール製造の費用と時間も抑えられます。

  • The Digital Foundry

    3D printed wax patterns drop seamlessly into the foundry process for rapid production of cast parts

    Digital Foundryでは、コストとツーリングを待つことなく、鋳造パーツのデザイン、反復、改良および製造をより早く柔軟に作ることができます。Digital Foundryを使う会社では、12数週間かかるツールの作成を待つことなく、CADデータを受け取った数日後鋳造したパーツを処理、納品できます。

Digital Factory Onramp

Digital Factoryは新しいハードウェアだけではありません。3D Systemsは新しい材料とソフトウエアの研究開発に大きく投資しました。Digital Factoryフレームワークで認証し利用可能な幅広い金属、熱可塑性素材、そして樹脂は使えます。3D Systemsのファイル準備ソフトウエアを使うことで、CADエキスパートと多額のソフトウェアの必要性がなくなり、コストを大きく抑えられます。

生産者は今、ビジネスモデルを見直すことでIndustry 4.0の時代での競争で優位な立場を手に入れることができます。エンジニアとエクゼクティブがDigital Factoryでできることを知れば、よりよい商品をより早く開発する方法を探すことができます。Digital Factoryを取り入れることは、新しい製品、新しいビジネスモデル、そして新しい企業では当然な結果となります。