3D Systems からのスペシャルオファー、製品の最新情報、イベントニュースの受信を希望されますか?3D Systems または当社のパートナーからメールや電話によるフォローアップをご希望の場合は、「はい」を選択してください。当社からのご案内は、いつでも解除できます。当社のプライバシーポリシーを表示するにはこちらをクリックしてください。また、設定の管理はこちらをクリックしてください。

このサイトは、reCAPTCHA で保護されています。Google のプライバシーポリシーおよび利用規約 が適用されます。

風洞試験時間に対する制限の増加に伴い、最も生産的な方法で利用可能な時間を使用することが重要です。当社の積層造形 (AM) ソリューションは、高スループットの部品製造や効率的な後処理から、圧力タッピングを含む部品形状の高度化まで、さまざまな方法でこれを可能にします。3D Systems のPIV 最適化された光造形材料である Accura® Composite PIV は、より正確なテスト結果を可能にすることで、空力学的成果をさらに向上させます。

「風洞試験用には、週に 500 個近くの部品を生産しています。Accura Composite PIV 固有の光学特性のおかげで、風洞の PIV システムからより信頼性の高いデータを収集できるようになりました。」

- Alpine F1 チーム、アドバンスドデジタルマニュファクチャリングマネージャ、Pat Warner 氏

アプリケーションの概要をダウンロードして次の詳細をご確認ください。

  • 風洞モデルに積層造形を使用するメリット
  • 積層造形用設計のヒント
  • 風洞モデルに積層造形を使用する場合の重要な成功要因