用途の概略をダウンロード

3D Systems からのスペシャルオファー、製品の最新情報、イベントニュースの受信を希望されますか?3D Systems または当社のパートナーからメールや電話によるフォローアップをご希望の場合は、「はい」を選択してください。当社からのご案内は、いつでも解除できます。当社のプライバシーポリシーを表示するにはこちらをクリックしてください。また、設定の管理はこちらをクリックしてください。

このサイトは、reCAPTCHA で保護されています。Google のプライバシーポリシーおよび利用規約 が適用されます。

 

コンポーネントのパフォーマンスと信頼性を向上させることは、システム全体の効率を向上させる優れた方法の 1 つです。アディティブマニュファクチャリング (AM) なら、測定可能な形で改善を実現する可能性が生まれます。たとえば、AM を使って流体マニホールドを最適化することで、重量を大幅に削減できます。輸送アプリケーションでは、このような進歩はパフォーマンスおよび信頼性の向上につながります。

AM によって、組立作業をなくし、過剰な重量を低減し、有機形状の生産を可能にすることで、従来の流体マニホールド製造の問題点を解決します。このアプリケーションの概要では、アディティブマニュファクチャリングを使ってマニホールドのパフォーマンスを向上させる方法とともに、AM ワークフローとベストプラクティスについてもわかりやすく説明します。

アプリケーションの概要をダウンロードして次の詳細をご確認ください。 

  • マニホールドに積層造形を使用するメリット 
  • 積層造形用設計のヒント 
  • 積層造形を導入する際の重要な成功要因