今すぐダウンロード

3D Systems からのスペシャルオファー、製品の最新情報、イベントニュースの受信を希望されますか?3D Systems または当社のパートナーからメールや電話によるフォローアップをご希望の場合は、「はい」を選択してください。当社からのご案内は、いつでも解除できます。当社のプライバシーポリシーを表示するにはこちらをクリックしてください。また、設定の管理はこちらをクリックしてください。

このサイトは、reCAPTCHA で保護されています。Google のプライバシーポリシーおよび利用規約 が適用されます。

 

現代の自動車は複雑な内部構造を持ち、シャーシ、ボディ、内装のいたるところで、様々な電気、エネルギー、流体の伝達が必要です。これらの伝達には、限られたパッケージスペースでの配線や厳しい動作環境が伴います。自動車のカスタマイズでは、一般的にロットサイズが小さいため、堅牢な保持方法や配線用のコンポーネントを設計することが技術者にとって長年にわたる課題でした。従来型のツーリングはコストが非常に高く、感光性樹脂の積層造形 (AM) の用途はこれまで限定的でした。

3D Systems は、新しい材料の開発を通じて AM の価値提案を大幅に拡大し、AM の技術を、自動車産業の性能要件を満たすだけでなく、それを大幅に長いデューティサイクルで実現する部品の革新的な製造方法へと変貌させています。

アプリケーションの概要をダウンロードして次の詳細をご確認ください。 

  • コンポーネントの保持に積層造形を使用するメリット
  • 部品性能の最適化を実現する積層造形のヒントとなる専門家による設計
  • 積層造形を導入する際の重要な成功要因