• インベストメント鋳造およびロストワックス鋳造向け鋳造パターンのツールレス生産

    QuickCast パターンを使用した光造形 (SLA)、およびワックス材料を使用したマルチジェットプリント (MJP) の両方により、小型から大型までの 3D プリント製鋳造パターンを短時間で製造。

  • 3d-systems-vaupell-quickcast-sla-cast-close-up

プロセスについて

概要

3D Systems オンデマンドマニュファクチャリングサービスの高品質の高速プロトタイプと量産鋳造パターンにより、鋳造生産タイムラインを短期化

インベストメント鋳型 (別名ロストワックス鋳型) とは、何千年にも渡って用いられてきた製造手法です。鋳造工場ではある程度の自動化が進められていますが、鋳型の形状を一定に保つことができるパターンが必要なうえ、パターンを形成するツーリングには数週間から数ヵ月を要し、その費用は 1 万~10 万ドルにまで及びます。

3D プリント鋳造パターンは、ツーリングにより作成されたパターンに取って替わる、ツール不要な高速で信頼性と精度の高い手法を提供します。この手法なら、パターン作成コストを 90% も削減し、わずか 10 分の 1 の時間で生産できます。業界試験済みの 2 つの重要な 3D プリント材料 – SLA プラスチックとワックス - を使用することで、鋳造パターンを数日から数週間で完成でき、鋳造パーツのサイズにはほぼ制約がありません。

3D Systems オンデマンド マニュファクチャリングにより、世界中の製造施設で鋳造パターンの高速生産が実現されています。インベストメント鋳型パターンの製作に 20 年以上の経験を有するエキスパートチームの貢献と、ますます厳格になる標準を満たすため継続的に改善および最新化されているアディティブプラットフォームと材料を使用しているため、オンデマンド マニュファクチャリングならプロトタイプや量産グレードの鋳造パターンのニーズを満たすことができます。

3D プリントパターンでは、射出成形ワックスパターンで作成できるパーツより、さらに複雑な形状のパーツを短時間で作成することが可能です。お客様のニーズと用途に応じて、プラスチックおよびワックスの両プロセスを採用します。

SLA QuickCast® パターン

QuickCast とは、3D Systems が商標登録した SLA 3D プリント積層方式です。インベストメント鋳造業界のニーズを満たすために考案されました。QuickCast 積層方式は、パターンを強化する内部六角形サポート構造の中空 SLA パターンから構成されており、ドレインを容易にするうえ、熱膨張による鋳型の崩壊を促進してシェルのひび割れを防ぎます。QuickCast パターンを使用すると、金属ツーリングを設置する前に有益な収縮情報やゲート情報を得られ、大型サイズの鋳型の作成や、滑らかな表面仕上げを可能にするほか、ワックスパターン作成用のツーリングでタイムラインを短縮します。

  • 中空の積層方式により、バーンアウトする材料の量を削減
  • 鋳造業界で一般的に使用
  • 大型アセンブリの作成可能
  • 鋳造用途向けに特別に開発された極めて安定性の高い CastPro™ 樹脂
  • 従来型ツーリングより高速な生産
  • 金属ツーリングの設置前に貴重な収縮情報とゲーティング情報を入手可能
  • 低吸収性かつ低膨張性のパターン
  • 優れた寸法安定性

PROJET® ワックス鋳造模型:

多くの鋳造工場でワックスパターンが好まれています。1 個だけでも、たとえ何百個でも、パターンがすぐに必要なら、弊社の 3D プリント製 ProJet® ワックスパターンが頼りになります。これは、射出成形ワックスパターン同様、御社の鋳造工程手順に組み入れることができます。弊社では、細部まで再現可能な解像度の高い ProJet ワックスパターンを、要求の厳しい鋳造に対応する最高レベルの表面仕上げでご提供しています。

  • 細微なティデール、高解像度の造形に最適
  • 最高レベルの表面仕上げで複雑性に対応
  • 短いリードタイム
  • ツーリングなしで作成が可能
  • 鋳造プロセスを促進
  • 特別な仕上げは不要
  • 初期開発費用を削減
  • 航空宇宙産業や医療産業に求められる仕上がりを実現可能
  • 最も加工が容易なパターン
アプリケーション

QuickCast パターン

インベストメント鋳造用の QuickCast ビルド スタイルは、精度と高レベルな表面仕上げにより、医療、航空宇宙および防衛の用途で多用されています。

ProJet ワックスパターン

宝飾品、医療機器、航空宇宙産業に多用される ProJet ワックス鋳造模型は、ワックス材の薄いレイヤをプリントすることにより造形され、鋳造模型用の最高レベルの表面仕上げを迅速に生成します。

材料
 

QuickCast 鋳造模型
(リンク)

ProJet Wax 鋳造模型
(リンク)

造型サイズ

 25x29x21

11.75x7.3x8 インチ

溶出

いいえ。 パターンはシェルで燃え尽きます。

はい

精度

素晴らしい

素晴らしい

表面仕上げ

素晴らしい

非常に良い

鋳造の簡単さ

良好

素晴らしい

終了

QuickCast パターン

  • 細密仕上げ

ProJet ワックスパターン

  • 3 つのレベルの仕上げがあります:
  • そのままのサポート付き
  • サポート除去済み
  • 高度な仕上げ...弊社のベスト

お客様のストーリー
3D Systemsと連携することで、風洞でのテストから流入リグ、頑丈な自動車パーツの生産まで、開発のスピードが速くなり、イノベーションを促進します... 詳細 >

オンデマンド サービス

  • プラスチックで 3D プリント可能な製品とは?

    プラスチックの 3D プリントでは、エンジニアリンググレードの材料であるエラストマーや複合材など、多くの選択肢があります。必要なのは柔軟性ですか?強度ですか?生体適合性ですか?他には?

  • プラスチック 3D プリントの利点

    プラスチックによる 3D プリントでは、ほぼすべての物を造形できます。プロトタイプ、製造、解剖模型などに使用されます。御社に最適な特性を実現できるプラスチック材料と 3D テクノロジーをお選びください。

  • ヘルプが必要ですか?当社にお任せください。

    世界中の先進的な製造施設を利用して、当社のアプリケーションエンジニアチームが地域密着型のサポートに加え、産業と製造に関する専門知識を提供します。オンラインアクセスは 24 時間 365 日可能です。また、当社の施設に直接お問い合わせいただければ、プロジェクトマネージャーが必要なサポートを提供します。