インベストメント鋳型は何千年にもわたってニアネットシェイプ品の製造に利用されてきました。このプロセスには大きな優位性がありますが、鋳型作成にかかる高い費用と時間が鋳造業界を制限してきました。弊社は、ラピッドプロトタイプテクノロジーにより製造される 3D プリント鋳造パターンを提供し、より多くの鋳造品がワックス鋳造模型ツーリングの初期時間とコストなしで、より多くの鋳造品を設計することを可能にしました。


インベストメント鋳造模型の積層には、複数の 3D プリンティング プロセスを使用できます。それぞれのプロセスは利点と欠点があり、用途に合わせた選択に影響を与えます。

QUICKCAST® パターン:

QuickCast™ は 3D Systems により商標登録された SLA 積層方式で、インベストメント鋳造業界のニーズを満たすように作り出されました。QuickCast 積層方式は、鋳造模型に強度を与える内部六角形支持構造をもつ中空 SLA 鋳造模型から構成され、簡単な排出を可能にし、熱膨張の間に鋳型崩壊を緩和してシェルのひび割れを防ぎます。QuickCast 鋳造模型は、有益な収縮およびゲート情報を本型作成前に提供し、大型鋳型サイズや滑らかな表面を提供し、ワックス鋳造模型作成にツーリングを使用するより加速されたスケジュールを可能にします。  

• 中空積層方式により消失させる材料の量を削減
• 鋳造業界で標準的に使用
• 大型アッセンブリを生産可能
• 鋳造専用に開発された、安定性が高い CastPro™ レジン
• 従来のツーリングに比べて高速な生産
• 本型生産前に貴重な収縮およびゲーティング情報提供
• 鋳造模型の吸湿および膨張が小さい
• 寸法安定性が高い
 

PROJET® ワックス鋳造模型:

多くの鋳造工場がワックス鋳造模型を好んで使用します。1 個だけでも、何百個でも鋳造模型を急いで必要とするなら、弊社の ProJet® ワックス鋳造模型が頼りになります。射出成型されたどんなワックス鋳造模型とも同じように、自社の鋳造工程手順に適合させることができます。弊社は、細部に優れ、解像度の高い ProJet ワックス鋳造模型を、難しい鋳造アプリケーションに要求される最高レベルの表面仕上げでご提供します。

• 細部が繊細で高解像度の積層に最適
• 最高レベルの表面仕上げと複雑な形状
• 短いリードタイム
• ツーリングなしで製造可能
• 鋳造工程を加速化
• 特殊な仕上げは不要
• 初期開発コストが低い
• 航空宇宙や医療業界で要求される仕上げを製造できる性能
• 処理が最も簡単な鋳造工程