D2P は技術的な専門性の必要性を最小限にとどめ、ヘルスケアコミュニティによるプリント技術の採用を簡素化しました

Dicom to Print タワー 11 2016 ヘルスケアパネル

D2P は、すべての 3D モデル準備手順に対応し、強化するように設計された、スタンドアロンモジュール型ソフトウェアパッケージです。デジタルの患者固有モデルの作成に伴う努力や時間を最小化する自動セグメンテーションツールに依存しています。

このソフトウェアは、医療スタッフにより術前手術計画用に使用され、さまざまなフォーマットでの 3D デジタルモデルのエクスポートを可能にし、様々な用途で使用されることを意図しています。

 

 

D2P ワークフロー
  • 利点:

    • 一回の作成で全モデルの準備ステップに対応
    • 術前手術計画と患者の同意に理想的
    • 自動セグメンテーションツールを使用して 3D モデルを数分間で作成
    • 様々なイメージングモダリティ (CT、MR、CBCT) をサポート
    • 精度を確実にするために結果は患者のスキャンに重ねられます
    • 自動モデル色付けを含む直観的な編集ツール
    • 3D プリンタおよび VR などの様々なアプリケーションへの 3D ファイルの即時転送
    • 強化された 3D 可視化と、VR でのモデル制御の完全自由化
    • 様々な 3D ファイル形式および 3D プリンタをサポート
    • データ管理の簡単な制御

特許保留中


Testimonials

Katzen 博士の体験談
術前患者説明のための 3D プリントモデルの使用