熱溶解積層法は、ソリッドベースのラピッド プロトタイプ手法の 1 つで、モデルを積層するために、材料をレイヤごとに押し出します。このシステムは、積層プラットフォーム、押し出しノズル、制御システムから構成されます。これは、設計検証、嵌め合いや機能の試験、少量生産、治具やフィクスチャに最適な、高速で費用効果が高いプロセスです。

  • 広範な材料選択 - 量産品質の ABS や食品グレードの ABS を含む
  • 短納期: 標準リードタイム - 3~5 日間
  • 高強度
  • 卓越した耐久性
  • コンセプトモデル
  • エンジニアリング モデル
  • 機能試験
  • コンシューマ向け製品
  • 高温アプリケーション
  • 初回プロトタイプ

標準解像度の公差:

  • X/Y 平面: 最初の 1 インチは +/- 0.005 インチ、それ以降は 1 インチごとに +/- 0.002 インチ
  • Z 平面: 最初の 1 インチは +/- 0.010 インチ、それ以降は 1 インチごとに +/- 0.002 インチ

ABS やポリカーボネート材などのエンジニアリング グレード サーモプラスチックを使用するこのテクノロジは、部品を積層プロセスで積層し、CNC 切削加工など従来の製造方法では複製することが難しいことが多い、複雑な形状を可能にします。 

メリット

航空宇宙、自動車、ヘルスケア、その他の産業のお客様は、寸法的に正確な機能プロトタイプや、高温、機械的応力、化学分解に耐性がある少量生産部品の、弊社の迅速な供給能力を信頼しています。このプロセスは、3D CAD からサーモプラスチックへ、ツーリングなしで直接部品を作ることを可能にします。