• 最終生産材料で部品を造型

    高速プロトタイプでも、量産部品でも、金属部品とプラスチック部品の両方のニーズを満たす適切な CNC 切削加工オプションが弊社には揃っています。

  • オンデマンド向け CNC 加工

プロセスについて

概要

CNC とは、コンピューター数値制御機械により材料を切断することです。CNC 切削加工では、3D CAD モデルを解釈して CNC マシンのデータに変換します。この加工の主なメリットは、真の量産グレード材料を使用することで、CNC により、アディティブマニュファクチャリング製プロトタイプに代わる部品を製造できることです。この方法なら、本格生産での使用を目的とする機能的な材料で部品を作成することができます。CNC 切削加工は、最大級の寸法精度、厳格な表面仕上げ、材料特有の特性が求められる高品質の金属部品およびプラスチック部品の高速プロトタイプに最適です。

ラピッド プロトタイピングであれ、量産であれ、弊社はお客様の金属およびプラスチック部品のニーズに適切な CNC 切削加工オプションをご用意しています。

  • 広範な材料
  • 厳しい公差を保持する性能
  • 3D CAD モデルから直接切削加工される部品
  • 発注の基づき 1~2 週間の標準納期
  • 能力に余裕がある場合はより短いリードタイム (2~5 営業日)

フィーチャ サイズの公差:

  • 標準 +/- 0.005
  • 最小 +/- 0.002 (金属) 、+/- 0.003 (プラスチック)

穴径公差:

  • 標準 +/- 0.005
  • 最小 +/- 0.001 (金属) 、+/- 0.002 (プラスチック)

平面度、振れ、円筒度、直角度、他の幾何公差:

  • 標準 +/- 0.005
  • 最小 +/- 0.001 (形状によって可能になる場合があります)

上記の公差は、加工する溶接物またはプレートの厚さが 1/4 インチ未満で長さが 20 インチを超える場合、または厚さが 1/8 インチで長さが 10 インチを超える場合は適用されません。この場合、MFG チームによって公差を見直す必要があります。

メリット

  • お客様の 3D CAD データを電子メールで送り、プロジェクトの仕様を定義してください。お客様宛の見積りを 24 時間以内に提示いたします
  • 旋削、ライブ ツーリングを使用するデュアル ターレット旋盤、3、4、5 軸切削加工、熱処理/応力除去、溶接、陽極酸化処理、および粉体塗装
  • CNC 切削加工部品を僅か 6~8 営業日で納品 (形状によります)
  • プロセス全体を通して専任のプロジェクトマネージャーがサポート
アプリケーション
  • 電子部品の製造
  • 彫刻加工
  • 複合材の切削加工
  • 5 軸切削加工
  • 微小穴ドリル加工
  • アルミニウム切削加工
  • プラスチック切削加工
材料
  • ステンレススチール
  • Ren
  • POM (アセトール)
  • ポリカーボネート
  • PMMA (アクリル)
  • ナイロン
  • アルミニウム
  • ABS
  • 真鍮
  • 軟鋼
  • マグネシウム
  • 発泡体
  • デルリン
終了

CNC 切削加工は、材料を母材から切り取って完成部品を作成する、切削製造プロセスです。弊社の標準表面仕上げは 63~125 Rms ですが、部品を 4~8 Rms まで研削または研磨することができます。

  • ビード吹付加工
  • 電解研磨
  • 熱 処理
  • サンド ブラスティング
  • ガス研磨

オンデマンド サービス

  • ヘルプが必要ですか?当社にお任せください。

    世界中の先進的な製造施設を利用して、当社のアプリケーションエンジニアチームが地域密着型のサポートに加え、産業と製造に関する専門知識を提供します。オンラインアクセスは 24 時間 365 日可能です。また、当社の施設に直接お問い合わせいただければ、プロジェクトマネージャーが必要なサポートを提供します。