弊社のプロセスをご覧ください

  • 光造形

    すべての 3D プリント部品で最高の正確性とスムーズな表面仕上げ。ほんの数ミリのサイズから、最大 5 フィート (1.5 m) までの範囲で、あらゆるサイズの高度に精密な部品を、類のない解像度と精度で、事実上収縮や反りもなくプリントします。

  • Selective Laser Sintering

    実際のテスト用に非常に耐久性のある複雑な形状を作成できます。他の積層造形法では時間がたつと脆弱になる場合があります。スナップ フィットや一体ヒンジに最適です。

  • Direct Metal Printing

    小さく非常に複雑な形状の、ツーリングを必要としない生産。従来の切削や鋳造のテクノロジでは不可能な、困難な形状がある金属部品の生産を可能にします。

  • 熱溶解積層法

    設計検証、嵌め合いや機能の試験、少量生産、治具やフィクスチャ用の高速で費用効果が高い生産。3D CAD からサーモプラスチック材料へ、ツーリングなしで直接部品を作ることを可能にします。

  • 造形ウレタン

    射出成型部品の色、質感、感触、物理特性を正確に模倣する部品を作製します。

  • カラージェットプリンティング

    生産時間が速いフルカラーのコンセントモデル。カラーでプリントしても、標準の白色でプリントしても、付加的なクリア コート処理によって固く滑らかなコーティングを付加すること、またはワックスコート処理により表面仕上げを滑らかにすることができます。

  • インベストメント鋳型パターン

    ラピッド プロトタイプ テクノロジにより作製された、精密で高レベルな表面仕上げの直接鋳造模型。