今すぐ見る

3D Systems からのスペシャルオファー、製品の最新情報、イベントニュースの受信を希望されますか?3D Systems または当社のパートナーからメールや電話によるフォローアップをご希望の場合は、「はい」を選択してください。当社からのご案内は、いつでも解除できます。当社のプライバシーポリシーを表示するにはこちらをクリックしてください。また、設定の管理はこちらをクリックしてください。

このサイトは、reCAPTCHA で保護されています。Google のプライバシーポリシーおよび利用規約 が適用されます。

長年にわたり、流体力学システムを最適化する能力は生産テクノロジーによって制限されてきました。現在、積層造形 (AM) によって可能になった複雑な設計や生産は、粒子レベルでの影響によって新しい可能性の時代を先導しています。実際に文字通りのことが起こっています。

CERN 社の LHCb Experiment のプロジェクトリーダーである Antonio Pellegrino 氏と、3D Systems のアプリケーションエンジニアである Thomas Verelst による、製造における前例のない進歩を AM がどのようにして可能にしたかを知ることができる、当社のオンデマンドウェビナーをご覧ください。トピックは次のとおりです。

  • 限られた容積での -40˚C の冷却を CERN 社はどのようにして達成したのか
  • 流体力学のパーツやシステムに AM がもたらす利点 
  • AM 生産によって強化される流体力学のアプリケーションとは

エキスパートによるプレゼンテーションをご覧いただき、AM が流体力学のパフォーマンスを前例のないレベルに引き上げる機会を発見しましょう。

エキスパートのご紹介

Thomas Verelst、アプリケーションエンジニア、3D SystemsThomas_2

エンジニアの Thomas Verelst は 2016 年にルーヴェン・カトリック大学でナノテクノロジー、ナノサイエンス、ナノエンジニアリングの修士号を取得しており、ナノ材料とナノ化学を専門としています。半導体業界に注力し、アプリケーションイノベーショングループ (AIG) のアプリケーションエンジニアとして 3D Systems Leuven (旧称 Layerwise) で勤務を始めました。4 年が経過し、彼のプロジェクトは主に新しい金属積層造形 (AM) 設計の開発と QMS 環境における連続生産のための AM 産業化を担当しています。AIG の一員として、彼は AM に必要な設計と AM プロセスフローの専門知識をお客様に提供し続けており、積層造形の利点に加えて、お客様のアプリケーションパフォーマンス向上とサプライチェーンのコスト削減に貢献しています。

On

Antonio Pellegrino 氏、LHCb 実験プロジェクトリーダー、CERN 社Antonio_2

Antonio 氏は、Dutch National Institute for Subatomic のシニア研究員兼プロジェクトリーダーで、フローニンゲン大学の物理学および素粒子物理学の教授でもあります。