3D Systems からのスペシャルオファー、製品の最新情報、イベントニュースの受信を希望されますか?3D Systems または当社のパートナーからメールや電話によるフォローアップをご希望の場合は、「はい」を選択してください。当社からのご案内は、いつでも解除できます。当社のプライバシーポリシーを表示するにはこちらをクリックしてください。また、設定の管理はこちらをクリックしてください。

このサイトは、reCAPTCHA で保護されています。Google のプライバシーポリシーおよび利用規約 が適用されます。

3D Systems の Figure 4 テクノロジーは、アディティブマニュファクチャリングをプロトタイプから生産へと移行させるべく、生産用プラスチック材料の業界標準を引き上げています。プリント速度、プリント品質、運用コストが劇的に改善された今、材料こそが考慮すべき最後の要素です。

今回のライブウェビナーでは、3D Systems のアプリケーションおよびプリントプロセスのエキスパート Marty Johnson が、生産向けダイレクトでスピーディな手段を可能にするために融合されたアディティブマニュファクチャリング、マシンのアーキテクチャ、材料科学の躍進的進歩について説明します。 

また、生産用 AM 材料の評価方法や適性のほか、長期的環境安定性、等方性および機械的特性の公差、自動車用流体および化学薬品との適合性、電気的データ (絶縁強度、絶縁耐力、散逸要因、体積抵抗率等) など、ASTM および ISO 規格テストで重要視される特性について理解します。

主要トピック

  • アディティブマニュファクチャリング材料の生産性能に関する特性
  • 3D プリントで従来型製造業をどのように拡大できるか
  • 少量生産での高密度な垂直スタッキングと価値の向上

当社のエキスパートから学ぶ: 

アプリケーションおよびプリントプロセスのエキスパート Marty Johnson

Marty Johnson